【川崎国】川崎の事件には裏社会が関わっていた【ヤクザ】

前段を読んでいない方はこちらから
【川崎南部】アウトロー・サウスサイドの不良文化とは【音楽】 ※このページを読み終わったところにもリンクを設置しております。

まずはBAD HOPの前身となるゴキブリ軍団まで話は遡る。

ゴキブリ軍団の結成

BAD HOPの始まりは、保育園時代にまでさかのぼるという。T-PABLOWの双子の弟で、彼と2WINというユニットを組んでいるYZERRは、ジョッキをあおって話し始める。「オレたちはその頃から仲間意識が強くて、“ゴキブリ軍団”っていうのを結成しました。活動はほかの子がつくった積み木の家を壊すぐらいですけど(笑)」。しばらくして、小学生になるとすでに現在のメンバーの多くがつるむようになっていたが、彼らが地元の特異さに気づいたのもその頃だった。

サイゾー

積み木以外にも女子のスカートをずらす等の悪行を働いていた。

喧嘩相手の親が…

「とあるクラスメイトにオレがキレて、顔を蹴り上げてしまって。放課後、家にそいつの母親から電話がかかってきたんですけど、その後ろで『ふざけんじゃねぇ!』『今すぐ家に行ってやるよ!』みたいな感じで怒鳴りまくってる人がいるんですね。それで、謝りに行ったら、スキンヘッドにサングラス、裸に毛皮を羽織った人が出てきて。明らかな違和感っていうか、『あれ、この人、普通じゃない』と思ったのが、その筋の人との最初の出会いでした」

サイゾー

これが川崎という街の異質さを肌で感じた出来事だった。

アウトローはヒーローだったが…

「東京って、普通に金持ちが多いじゃないですか。でも、自分たちの周りで金を持ってるのは、職人として成功してるか、アウトローってイメージがありましたね。あるとき、多摩川の河川敷にサッカーをしに行ったら、真っ白なベントレーが4台止まってて、若い衆が掃除させられてて。それで、後から来たボスが(BAD HOPの)G-K.I.Dのお父さんだったんです。『カッコいい!』って感じでしたね。G-K.I.Dがゲーム機をなんでも持ってたのも羨ましかった」(TP)。

サイゾー

貧しい家庭に生まれたT-Pablowたちにとっては
アウトローはヒーローのような存在だったという。

ただ近年の暴力団業界は不況が続いており
末端の人間が締めつけられる構図が続いている。

「中学生になると、先輩に“カンパ”っていう形で上納金を徴収されるようになりました。川崎の不良には自由がないんですよ。バイクで走ってるだけで止められる。最悪、当てられて轢かれる。で、『お前、どこの?』って訊かれて、『あ、自分はどこどこの人に面倒見てもらってます』って言うと、『じゃあ、行っていいよ』って。そんな感じなんで、子どもでも何かしらのケツ持ちをつけないとやっていけなかった」(Y)。

サイゾー

裏社会の不況は地元の不良少年たちに及び
かつてのヒーローがモンスターに変貌していた。

「それって、その歳にとってはキツいじゃないですか。だから、銀行から出てきた人のカバンを盗ったり、空き巣をやるようになっちゃって」(Y)。

サイゾー

最初のカンパは15歳のときで金額が30万円だった。

「オレはまた別の友達たちと、深夜にタバコ屋のシャッターを開けて、レジごと盗むっていうのをやってたんですけど、同じところで繰り返してたら、ある晩、店員がバットを持って暗闇に潜んでて。友達がフルスイングで顔面殴られて血だらけになってましたね」(BARK)

サイゾー

それでも払い切れない請求額を埋めるため
空き巣やひったくりを繰り返した末に一斉逮捕されてしまう。

「そのうち、警察の取り締まりが厳しくなって、うちの家のあたりをヘリが飛ぶようになったり。結局、中3のとき、オレらも含めて20人ぐらいまとめて逮捕されちゃうんですけど。罪状は空き巣が20件、ひったくりが50件とか。バレてないのを含めたら100件はやってたんじゃないかな」(Y)

サイゾー

地元のしがらみは
第4回高校生ラップ選手権で
T-Pablowが2度目の優勝を果たした2013年頃まで続いたという。

「ようやく、抜け出せた感じはありますね」「今は不良の人たちと良い関係を保ててるかな」「『優勝したら、川崎の外の大人が守ってくれるよ』って言った人がいて、そんなわけないと思ってたけど、実際、そうなった」「それまで、まともな大人と話す機会がなかったんで。川崎で大人っていったら、悪い人しかいなかったから」「不良の成功モデルがないんだよ」「この前、出てきた先輩も、空き巣で1000万ぐらい稼いでまた入ったし」「昔は、大人が嫌いでしたもん。先生とか、警察とか、ヤクザとか。先生に相談しに行っても無視だし、警察に被害届出しに行ったら、その帰りにヤクザに絡まれて。『お前、うたった(密告した)ろ? そこ(警察と暴力団)つながってねぇわけねぇじゃん』って」。

サイゾー

地元のヤクザは警察とも繋がっており
逃げ場のない地獄社会を過ごしたという。

現在でも地元のしがらみに縛られているBAD HOPだが
彼らがレップするのは他でもない川崎なのである。

今後もどんなことに巻き込まれるかわからないが
メンバーには音楽活動を無事に続けていってもらいたい。
【川崎南部】アウトロー・サウスサイドの不良文化とは【音楽】

CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。