【クレイジージャーニー】【少年院】⑪BAD HOPの由来とは?獄中での手紙のやり取りから始まった

少年院でも暴行沙汰を起こす

怖い先輩がいて
どんどんあって
下部組織みたいな所を
自分達が任されてるみたいな感覚ですね
T-Pablow
その時にそういうのが行き過ぎて
代表として僕は少年院に入りましたね
YZERR

こうして少年院に入ったYZERRだが・・・

少年院の中でも暴力沙汰を起こし

その少年院の中で暴れちゃったって事ですか?
ディレクター
それで僕はまた別の所に移送されてみたいな
「精神病棟」みたいな
また別であるんですよ
行き過ぎちゃった人達が行く場所
YZERR
「医療少年院」
T-Pablow
そこでカウンセリング受けて色々喋ったら
「君そんな当たり前な風に話してるけど
それ当たり前じゃないよ」
YZERR
「凄い色んなそれこそやんちゃをしてきた
子ども達の話も聞いてきたけど」
「君みたいな環境が
当たり前ま感じの子達は本当いないよ」
YZERR
「おかしい」って初めて言われたんすよ
「嘘だろ?」って最初相手の言ってる事が
YZERR
その先生が言ってる事?
ディレクター
「これが普通だろ?」
「何でこれが普通じゃないの?」
YZERR

奇しくも入ってしまった少年院で・・・

自分達が置かれている環境が異常だった事に初めて気付かされたのだ

そんな彼らがラッパーになったきっかけとは?

ギャングからラッパーになったきっかけとは?

僕が14歳の時に逮捕されて
T-Pablowは外にいて
それで手紙のやり取りをするんですけど
YZERR
塀の中から?
ディレクター
そん時にやる事無かったんで
今の心境だとかをラップにして書いて送ってたりして
「少年院を出たら皆でラップやろうぜ」みたいな
YZERR
今考えると全然出来てないんですけど
その時ある知識でずっとラップを送り合ってて
それで出てきて
ずっと自分達のお兄ちゃん的な存在の人がいて
「イベントがあるからお前ら全員来いよ」
皆でそのイベント遊びに行った時に
「お前も今からラップやってみろよ」みたいな
本当適当にラップやって
YZERR
でも元々書いてたから少しは出来たんですよ
ド素人みたいな感じでは無かったっていうか
少しちょっと出来て そしたら「おー」みたいな
その時に「何だこの感覚」みたいな
そしたら皆やり始めた いきなり
YZERR

そんな先輩の何気ない一言がきっかけとなり

初めてマイクを握った彼らだが・・・

このステージが人生を180度変えることとなる

「BAD HOP」の由来とは?

最初にステージ立った時は本当変な感覚でした
自分がやんちゃな事する以外で
目立つ事とかも無かったですし
だからやった時に「何だこれ」みたいな
食らっちゃうというか
何とも言えないっすね
YZERR
何か満たされた瞬間ではあったのかな
T-Pablow
凄い今でもきっかけになった瞬間というか
特別な「時が止まったような」感じで
YZERR
何かに今まで打ち込んだ事とか無かったんすけど
初めて何かに本気で
打ち込むじゃないですけどハマっちゃって
T-Pablow
本当今まではやる事が無くて
それこそやんちゃな事したりとかしてたんですけど
そのやんちゃしてたパワーみたいなのを
全部そっちに自分達は注いで
YZERR
これでいつか飯が食えたら良いなみたいな感じで
永遠とずっとやってた感じですね
YZERR

こうしてギャングからラッパーに変わる決意をかためた彼らは・・・

初めてマイク握ったイベントの名前が
「BAD HOP」っていう名前なんですよ
YZERR
お兄ちゃんみたいな人がやったイベントが
T-Pablow
イベントが「BAD HOP」で
その人のイベントの名前を付けて
俺達はこれを全国に知ってもらうようなものにするんだ
そういう意気込みで名前を付けたんです
YZERR
CLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。